情報収集・提供

名古屋都市計画史

名古屋市の街づくりの歴史については、これまで江戸時代から大正期までの歴史を記述した「名古屋都市計画史 上巻」(昭和32年7月、名古屋市建設局発行)及び、大正8年の都市計画法制定以降の名古屋市の都市計画を述べた「名古屋都市計画史(大正8年~昭和44年)」(平成11年3月、名古屋都市センター発行)がありました。

このほど、「名古屋都市計画史Ⅱ(昭和45年~平成12年度)」(平成29年12月、名古屋都市計画史編集実行委員会編集・発行)を上梓しました。これにより江戸時代初期の「清須越し」に始まり西暦2000年に至るまで、約400年にわたる名古屋の街づくりの歴史を一望のもとに見ることができることとなりました。

本コーナーでは、名古屋市の許可も得て、この名古屋の街づくりの歴史三部作他を以下に登載します。

名古屋都市計画史 上巻 (江戸時代~大正期) 昭和32年発行

名古屋の街づくりを江戸時代から始め、明治時代前期の市区改正の時期、市区改正条例を準用した街づくりの時期に至る経過を詳述し、事業及び予算や市会関係にまで言及している。都市計画法制定以前の名古屋の街づくりを通史としてまとめたもの。

目次 (PDF 約170KB)
本編 (PDF 約  39MB)(本書はテキスト化されていません)

名古屋都市計画史(大正期~昭和44年) 平成11年3月発行 (販売中、購入希望の方はこちら

大正8年都市計画法制定後最初の都市計画、第2次大戦前及び大戦中の都市計画、大戦後の復興都市計画、それ以降都市計画法が大改正されるまで、各々の時期を合わせ全体で半世紀の間の名古屋の都市計画を述べる。

本編目次 (PDF 約790KB)
本編   (PDF 約  61MB)
年表編  (PDF 約  39MB)

名古屋都市計画史Ⅱ(昭和45年~平成12年度) (販売中、購入希望の方はこちら

改正都市計画法施行以降西暦2000年度まで約30年間の名古屋市の都市計画をまとめる。国の法制度等から説き起こし、名古屋市独自の「地区総合整備」や、「都市景観」の取り組みなども網羅した。

本編(上巻)目次  (PDF 約240KB)
本編(下巻)目次  (PDF 約220KB)
本編(上巻)    (PDF 約  41MB)
本編(下巻)    (PDF 約  40MB)
年表編       (PDF 約    6MB)
図集編       (PDF 約  40MB)

その他(名古屋都市計画史に漏れた計画史の詳細を補うもの)