まちづくりライブラリー

新着図書紹介 詳細

『土地はだれのものか 人口減少時代に問う』

『土地はだれのものか 人口減少時代に問う』

著 者 名:「土地はだれのものか」研究会/著

出 版 社:白揚社

請求記号:Ea-ト

内  容:世界最速で深刻化するマンションの老朽化、見捨てられる土地、縮減社会と都市計画など、日本の土地所有権の諸問題について様々な角度から分析する。また人口動態と現行法制度からその実態や背景、課題を明らかにし、新たな制度を提言する。

 

『現代ドイツの住宅政策 都市再生戦略と公的介入の再編』

『現代ドイツの住宅政策 都市再生戦略と公的介入の再編』

著 者 名:大場茂明/著

出 版 社:明石書店

請求記号:Ja-オ

内      容:ドイツ統合(1990年)以降、住宅市場の構造変化にともなって住宅政策も変容する軌跡を低所得者を対象とした公共賃貸住宅の供給等を中心に整理する。また都市空間のモザイク化や地方政府独自の居住政策などの展開も分析する。

『観光公害 インバウンド4000万人時代の副作用』

『観光公害 インバウンド4000万人時代の副作用』

著 者 名:佐滝剛弘/著

出 版 社:祥伝社

請求記号:Pe-サ

内      容:旅行者による消費拡大という恩恵と引換えに、マナー違反や環境破壊、住宅価格の高騰など、そこに住む市民の日常生活が脅かされている。ジャーナリストの著者が国内外の観光地を実際に取材・調査し、実態と解決方法を提示する。

 

『未来の地図帳 人口減少日本で各地に起きること』

『未来の地図帳 人口減少日本で各地に起きること』

著 者 名:河合雅司/著

出 版 社:講談社

請求記号:Qb-カ

内      容:本書は膨大なデータを解析し人口減少社会の実情を明らかにし、地域ごとの事情を勘案しながら人口減少時代を生き残るために私たちが今成し遂げなければならないことを提案する。

『自治体職員のための住民と共につくる自治のかたち 人口減少、無関心、担い手不足を乗り越えて』』

『自治体職員のための住民と共につくる自治のかたち 人口減少、無関心、担い手不足を乗り越えて』』

著 者 名:相川俊英/著

出 版 社:第一法規 

請求記号:Rc-ア

内      容:全国でも指折りの外国籍住民多住地域である西尾市。外国人の比率が6割を超える緑町住宅において「外国人との共生を考える会」が発足した事例など先進自治体の工夫や共に地域活性化に取り組むためのヒントを収録。