まちづくり支援

まちづくりびと講座

第1回 まちづくりスキルアップ講座 「広報・PR」を学ぶ

第1回 まちづくりスキルアップ講座 「広報・PR」を学ぶ
まちづくりスキルアップ講座(第1回)情報があふれる社会でも伝わる「広報の本質」を学んでみませんか?をテーマに広報の講座を開催しました。 「まちづくりスキルアップ講座」は楽しく学べて交流に繋がる講座です。
講座について

 

第1回のテーマは、まちづくり活動を行う上で、

「なぜ参加者が集まらない!?」など、誰もが抱える「広報・PR」のお悩みについての解決方法として、PRプランナー

の米山哲司氏を講師に迎えて開催しました。

開催日時・場所

2019年7月19日(金) 13:30~17:00

名古屋都市センター11階 ホール

 

 

講師

 

 

【講師プロフィール】

米山 哲司 氏(よねやま さとし)【(社)日本パブリックリレーションズ

協会認定「PRプランナー」、特定非営利活動法人 Mブリッジ代表理事

 

三重県松阪市にてまちづくり事業や、地域活性イベントの企画・運営

に携わるNPO法人Mブリッジを設立。行政との協働事業などで企画、

広報、情報発信等の各種講座・講演、イベント企画、まちづくりプラ

ンニングなどを精力的に行っている。

 

講座内容

今回の講座で学べたことを要約すると

 

インターネットやSNSが発達し、情報や広告があふれる社会となった今、「伝えたい内容が、伝えたい人(相手)に伝わること」が大事であり、

 

●「広報・PRが上手な人とは?=パブリケーションズ(繋がり)が上手な人」

 

●スキルはもちろん「マインド」で相手に伝えることが重要。

 

●やみくもに情報を伝達するのではなく、ターゲットを広域にするのか(狙いたい見込み顧客全般)、狭域(特定の世代、性別など人物像を架空で設定する)で広報するかの違いを理解し広報が出来ると、伝えたい人に伝わる。

 

●私たちはモノを買っているだけではなく、モノから得られる『未来(ベネフィット)』を買っているということを知り広報する。

 

●「自分たちの活動内容」を伝えた上で、その団体の活動に関わる事により、「近い未来」だけでなく「遠い未来」を伝えることで共感を得られ、共感を得られれば活動にも人は集まる。

 

記載した内容は一部ですが、「手段や手法」の前に大事な「広報の本質」について、事例やワークを交え、楽しくお話しいただきました。

  

 参加者からは、「本質を伝えることの重要性が理解できた」、「伝えたい対象となる人物を設定する事で具体的な広報のイメージができた」、「スキルよりマインドの重要性を理解し、本質に触れるとレーニングが出来て良かった」などの声がアンケートで数多く頂きました。

 

 参加人数は、当初40名の予定でしたが、申込多数のため58名に拡充し大盛況の講座となりました。

 

ご参加いただいたみなさん、講師の米山さんありがとうございました。