減災まちづくり情報システム

 

名古屋都市センターでは、名古屋大学減災連携研究センターとの連携事業として、「減災まちづくり情報システム(ISDM:Information System for Disaster Mitigation)」の構築を進めています。このシステムは、地理情報システム(GIS)を活用し、分散している減災関連情報を1つの地図上に集約するもので、個々の防災意識の向上・持続や地域でのまちづくり活動に役立てていきたいと考えています。

「減災まちづくり情報システム」の構築イメージ

「減災まちづくり情報システム」試作版
(まちづくりライブラリーに設置)

現在は試作版として、まちづくりライブラリーに展示用端末(タッチパネルPC)を設置しています。試作版では、大正から平成まで5世代の旧版地図、標高を色分けで示す陰影図、南海トラフ巨大地震の被害想定(震度、液状化)、河川の浸水想定区域図などの図面を、2画面で並べたり重ねて表示したりすることができます。
今後の構築作業を進める上で、利用者の感想や意見なども参考にしていきたいと思いますので、来館の際は是非ご体験ください。